学歴によって初任給が異なる

男性保育士

将来保育士として働きたいと考える場合、注意しなければならないのは学歴に関してです。一般的に、高卒、専門学校、そして大卒の順に学歴が高くなるほど初任給が増えていくという傾向が見られます。もし、有利な条件で保育士の求人に応募したいのであれば、時間がかかったとしても大卒の資格を取得してから働き始める方が条件が良いです。他方、あまり学費にお金をかけられないというのであれば、専門学校や短大を卒業してすぐに東京都内の保育園の求人に応募し、働き始めるという選択肢も考えられます。初任給の違いは大きくありませんが、実務経験が長くなるにつれて差が生じて来るので注意したいところです。

全国平均より高い水準

子ども

東京都内の保育士が全国的に優遇されているということは、全国平均よりも給与水準が高いことを見れば明らかです。保育士の年収の全国平均が350万円なのに対して、東京都内の場合には430万円と70万円近くの差があります。地方に住みながら地元で保育士として働くというのであれば、それも選択肢の一つです。しかし、より良い条件かで保育士として仕事をしたいと考える場合、東京の求人に応募したほうが良いと言えるでしょう。それというのも、通勤手当や住居手当などが付くことから、地方よりも給与水準が高くなるという傾向が見られます。また、東京都内の求人へは、近隣3県からの応募も多いため、必然的に倍率は高くなる傾向が見られます。

働く区域を選ぶこと

保育士と子供

東京都内で保育士として働く場合、区域によって給与が大きく異なるという傾向が顕著です。その背景には、区によって教育水準が高かったり、物価の高低差が関係していると言えます。例えば、下町と呼ばれる中央区の場合、子育て世代が多く、保育園も充実しています。保育士の求人募集は比較的多いですが、下町ということもあって物価がそれほど高くないため、給与水準も他の区と比較すると低水準にとどまっています。他方、港区などはオフィス街が中心ですが、そこで働く人達の子供の受け皿として保育園が増えています。物価が高い地域ということもあり、港区の給与水準は高めとなっています。このように、同じ東京都内でも区によって待遇が大きく異なります。また、区によって受けられる補助金にも違いが見られるので注意する必要があります。都内で保育士になるための就職活動をする場合には、待遇や条件などをよく見比べて、納得できる職場を選ぶように心がけることです。

長方形バナー2

正方形バナー1

長方形バナー1

長方形バナー3

正方形バナー2 正方形バナー3

広告募集中